ポジションとは?

ポジションとは?

用語を覚える事で勝率アップに繋げよう!

ここからはFXの取引に使われる用語の勉強をしていきましょう。
勉強と言っても用語を無理に覚える必要はありません。

FXはあくまで売り買いのタイミングと金利差を利用する簡単な取引です。
ただ、用語を覚える事で情報を詳しく知る事ができるようになり、勝率アップに繋がります。

当サイトでもできるだけわかりやすく説明していきます。

また○○についての説明を追加して欲しいという要望にも順次対応していきますのでご期待下さい。

ポジションとは

FXでは取引で通貨を注文して、決済するまで通貨を保有することを
「ポジションを持つ(保有する)」と言います。

FXで言うポジションとは、取引で注文した通貨の持ち高のことを表しています。「ポジションを持った」とは、「注文を出して通貨を保有した状態」ということになります。

逆に「ポジションを解消した」という場合は、「注文を決済して通貨の持ち高がなくなった」ということを表しています。

ポジションとは、注文した通貨の持ち高のこと

買いポジションと売りポジション

買いポジションと売りポジション

FXは、売り買い両方で利益を出せるという特徴があります。

買い注文(ロング)売り注文(ショート)があるので、
買い注文をした場合は買いポジション(ロングポジション)を持つと言い、
売り注文した場合は売りポジション(ショートポジション)を持つと言います。

買い注文なら買い(ロング)ポジション

売り注文なら売り(ショート)ポジション

一般的に知られている「安く買って高く売る」というやり方は、買い注文(ロング)と呼ばれます。
買い注文では通貨を安く買って、高くなったら売ることで利益をねらいます。

では、売り注文(ショート)はどのようにして利益をねらうのでしょうか?

FXの売り注文から入るやり方は「空売り」とも呼ばれます。

FXの売り注文「空売り」とは?

FXの空売りとは?

FXの「空売り」は買い注文と逆のやり方で、
最初に通貨を売って、今より安い値段で買い戻すという取引の方法です。

空売りのイメージとしては、もともと手元にない通貨をFX会社から借りて売り、通貨が安くなったところで買い戻して、借りた分を返します。
売った時よりも安い値段で買い戻すことが出来れば、差額が利益になります。

空売りはFXでは一般的な方法で、下落相場でも利益をねらえる取引方法です。

ポジション建てとスクエア

新しく通貨の売買を行うことを、ポジションメイク、ポジションを建てるといい、
このポジションメイクと決済のタイミングが損益を左右します。

ポジションの量を増やしたり減らしたりすることを、ポジションを膨らませる、ポジションを減らすといいます。

ポジションを持っておらず為替レートの影響を受けない状態のことを、スクエアといいます。

また、通貨間の金利差によって生じるスワップポイントは、
このポジションを維持した期間分だけ発生することになります。

関連するFXガイド
スワップポイントとは

決済とは

FXの決済とは

買いでも売りでも、決済しなければその取引の利益や損失は確定しません。

通貨を買って買いポジションを持っているなら売ることで、
逆に通貨を売りから入って売りポジションを持っているなら、買い戻すことで損益が確定します。

これを決済するといいます。

為替レートがどれだけ不利になっても、決済しなければ損失は確定しません。

含み損とロスカット

含み損とロスカット

しかし、含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)が大きくなってくると、ロスカットによって、自分が意図しないタイミングで強制的に決済されてしまうことがあります。

関連するFXガイド
ロスカットとは?

FX攻略ガイド
ポジションとは?
を読み終わりました!

FXファンに会員登録すると、FX攻略ガイドの学習チェック機能が使えるようになります。
会員登録はこちらから