為替が動く時間帯

為替が動く時間帯

取引が活発な時間帯は21時から翌2時

取引が活発な時間帯は21時から翌2時

もっとも外国為替市場が活発なのはいつでしょうか?

世界の中でも中心となっている市場がロンドン(欧州)市場とニューヨーク市場です。

1日の中でもっとも取引が活発化するのがこれら2つの市場が重なっている時間帯といわれています。

ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる時間

取引が活発な時間帯は21時から翌2時

2つの市場が重なる時間は、日本時間でいうとだいたい21時~24時(冬場は22時~1時)です。

そのため、日本時間の日中には値動きが少なかった相場も、午後9時あたりから値動きが活発になる傾向があります。

この時間帯に取引を行うということは、世界でも中心となっている市場の中で取引を行うため、普段とは違う世界のトレンドを感じられるかもしれません。

外国為替市場の開始時間

外国為替市場

為替レートが変動する要因

為替レートが変動する要因

為替レートが変動する要因は様々ですが、大きい理由は3つあります。

各国の経済指標

経済指標には、GDP(国内総生産)の伸び率、失業率、インフレ率、財政収支、経常収支の赤字・黒字などがあります。

発表された経済指標から、その国の景気が上向くと判断されれば、その通貨の価値が上がります。

特に、世界の基軸通貨である米ドルを発行しているアメリカの経済指標は、為替レートに大きな影響を与えます。

関連するFXガイド
経済指標を解説

金利

一般的に低金利の通貨は、景気が減速していると判断され、評価が下がりやすく、為替レートが低下します。

逆に高金利の通貨は、景気が上向いていると判断されレートが上がりやすいといわれています。

テクニカル要因

テクニカル要因とは、投資家たちが過去のレートの値動きを表すグラフ(チャート)などを参考に、相場を予想することです。

プロのディーラーや豊富な資金力をもつヘッジファンドなどは、精度の高い独自のチャートを駆使して、今後の相場を予想しています。

また多くの一般投資家もチャートを分析することで、今後の為替レートの動きを予想していますので、こういった行動が為替レートに大きな影響を与えています。

関連するFXガイド
テクニカル分析とは

FX攻略ガイド
為替が動く時間帯
を読み終わりました!

FXファンに会員登録すると、FX攻略ガイドの学習チェック機能が使えるようになります。
会員登録はこちらから